クラウド型会計ソフトのサービスの内容

クラウド型会計ソフトの特徴

クラウド型会計ソフトとはデバイスにソフトウェアをインストールして使用するタイプではなく、デバイスからIDやパスワードでアクセスして使用する会計ソフトです。データは全てはクラウド上で管理されるので、業務に使うデバイスに保存されるわけではありません。クラウド上でデータを管理できるので、会計業務に使う専用の端末でなくても利用できます。
クラウド会計の場合はインストール型のものよりもスマートフォンやタブレットに対応しているものが多く、OSもインストール型のものよりも複数のOSに対応しているソフトが多いです。会計ソフトのアップデートもインストール型と比べて手間がかかりませんし、コスト的にも安く済むのが特徴です。

クラウド型を選ぶメリット

インストール型と比較してクラウド型の会計ソフトを利用するメリットはたくさんあります。全てのデバイスにソフトをインストールしなくて良いので、手間がありません。多くの従業員が社内外で会計ソフトを使う場合には特に大きなメリットとなります。ソフトのアップデートの時もインストール型だと手間もコストもかかりますが、クラウド型ならば低コストで簡単に行えます。
クラウド型の会計ソフトはモバイル端末に対応しているものも多いですし、複数のOSにも対応しているので業務で使うデバイスを統一しなくても問題ありません。会計データはデバイスの中ではなくクラウド上に保存されていくので、故障や盗難によってデータの消失や流出が起きないのも大きなメリットです。